安く収める畳の張替え方法の解説

畳にも金額の違いはあります。材料の質の問題もありますが、いかにイグサを丁寧に組んでいるのかという点でも変わります。ですから5,000円から20,000円と金額に幅があります。安く済ませたい場合は、値段の安いものを選んで張替えをしてもらえばいいわけですが、どんなものでも丁寧に使わなければ長持ちはしないものです。3年ほどで畳は日焼けなどをして劣化していきます。そこで裏返しをするのですが、畳の反対側を使うという意味では無く、表面のイグサを一度丁寧にはがし、それを裏返しにする事を言います。これは素人ができることではないので、専門店にお願いしますが、大体3,000円×畳の枚数の値段になります。次に表替えという方法があります。これは表面のイグサの編まれている部分を替えることです。こちらは素材や編み方によって変わりますが、大体5,000円前後から15,000円が相場といわれています。

畳の値段の違いは何の違いなのか

畳の張替えは興味が無い、気にしなければ、そのまま使う方もいますが、香りと肌触りなどにこだわりがある方は、専門店にお願いをして新しいものを入れ替えてもらいます。そのように力を入れている方はイグサの種類や糸、土台など色々な部位にこだわりがあると思います。このように人それぞれですが、どちらも安いという理由だけで依頼することはお勧めできないことが多いです。これは実際に、畳を見て触れて考えることが大切だからです。安いものは安い理由があります。薄い、固い、痛いと不満が出る事もあります。そんな状態で数年暮らしていくことを考えれば、少し手間でも実物を見て触って、どの商品にするのか考えることは大切です。また結局すぐに買い替えることになれば、まるまる大損です。これはどんな買い物でも同じです。

自分で畳を張り替えることができるのか

畳の張替えを検索すると、専門のお店が多く出てきます。餅は餅屋の言葉通り、専門の方に任せることが一番ですが、ホームセンターやリフォーム会社でも依頼することができます。専門店は敷居が高いと思われている方も、そちらに依頼する方法もあります。そして自分で行う方法もあります。しかしお勧めはしないという方は多いです。それは部屋によって大きさや種類が違うためです。関東と関西では大きさが違うというのは有名な話です。東京などの関東地区は江戸間、京都など関西地区は京間または本間、ほかにも岐阜や名古屋、北陸で使われる中京間、岡山や広島など山陰地方で使われる六一間、アパートなどに使われている団地間と色々あり、京間は191㎝、六一間は185㎝、中京間は182㎝、江戸間は176㎝、団地間は170㎝とこれだけでも大きさの違いがわかります。それらを組み合わせていく作業はやはりプロに任せるのが一番です。