おすすめの畳の張替え方のテクニック

畳の張替えの時期をご存知でしょうか。大体は5年から10年スパンが多いようです。また張替えの方法も様々あります。一番費用をかけない方法が「裏返し」です。これは、使用していた畳を反対に裏返す方法で擦り傷や痛みが目立つ場合に使用します。期間は3年から5年と比較的使用期間が短いものに使えます。使用期間が6年から7年程度のものですと「表替え」といって、ささくれや黒ずみが目立つようになってきた場合に行います。畳床はそのままで畳表などを変えるので、踏み心地に変化はないです。使用期間が10年から15年程度のものですと、「畳替え」 の必要があります。畳がへこんで来たり、隙間が空いてきた場合などに行うことをお勧めします。ご自宅の畳の使用期間や消耗具合に合わせて張替えの方法を変える必要があります。

畳の張替えの前に知っておくとよい畳の種類

畳というと日本特有の風情のあるものと感じます。現在は「国産表、中国産表、化学表」があり、8割程度が中国産を使用するそうです。やはり価格がとても安いのが中国産です。反対に、国産のものは価格が高くなってしまいますが、耐久性があります。また長く使用していると時間の経過とともに畳の味わいが出てきます。科学表に関しては、防カビ素材で耐久性も高いことが挙げられます。値段も比較的高いのが特徴です。また畳表には麻糸や綿糸を織り込んでいます。価格の安いものは綿糸で、国産畳には麻糸を使用することが多いそうです。また2本使用したり様々な編み方があります。床材にもいくつか種類がありますが、オーソドックスなのは、建材床です。高級なものは本畳床があります。張替えの際にどれを使用するか選ぶのも楽しみです。予算に合わせて選ぶことが出来ます。

畳の張替え方法を知ってスムーズに依頼しよう

畳は使用期間や傷み具合によって、処置できる方法が変わってきます。現在の自宅の畳の様子をきちんと把握して、張替えの依頼をすることでスムーズに進めることが出来ます。張り替える畳の種類も現在の家族構成によって選ぶことが出来ます。最近主流なものは「中国産」のものですが、子供が小さく、カビやダニなどの被害が心配だという方は「科学表」を選ぶことで、カビやダニの対策をすることが出来、より安心して過ごすことが出来ます。畳を張り替えるとなると一気にすべて変える必要があるので、かなり費用もかかってきます。費用と畳の質を比べるためにも、見積もりは何社かにお願いして一番信頼できるところにお願いすることをお勧めします。もしかしたら傷み具合によっては安価にすむ方法もあるかと思いますので一度相談してみてください。